サッカー スパイク つま先

サッカースパイクとつま先の注意点

サッカーのスパイクを選ぶ際、心がけて欲しいことのひとつに、
つま先に余裕があるかないかというものがあります。

 

スパイクのサイズが小さいと、
足にフィットしすぎて指先が思うように動かないことがあります。

 

指がある程度動かせる余裕があった方が、
細かいタッチやステップが要求されるサッカーでは、プレーもしやすくなります。

 

また、走る時も指の力というのは重要なので、
指が動かせないと速く走ることが出来ないという場合もあるようです。

 

逆に余裕がありすぎるのも問題です。

 

ジュニア世代などの育成年代では成長も早いこともあり、
親御さんは大きめのスパイクを子供に買い与える傾向があるようですが…

 

スニーカーなどの普段履きの靴と違い、
スパイクのサイズが大きいとプレーのパフォーマンスも落ちてしまいます。

 

キックやボールタッチがうまく行かない原因になりますし、
なによりサイズが大きいことで靴擦れなどの小さな怪我から、
酷い時には靭帯断裂などの大きい怪我のももとになったりもします。

 

せっかくプレーするサッカーですから、
スパイクが原因で怪我をしてしまうのはもったいないです。

 

目安としては、つま先に少し余裕があるサイズのスパイクを選ばれるのが良いと思います。
大きすぎず、ある程度靴の中で指が動かせる。これがひとつの基準です。

 

好みで、サイズが小さくてキツいものを履きたがる選手もいますが、
やはり怪我の原因になってしまいますので、なるべく余裕があるものを選びたいですよね。

スポンサードリンク